山梨県の忍野八海にチョッと行って来ました。 

近くに住んでいてもめったに行かない(^^;何で~って言われるかも知れませんが、忍野八海周辺は車を止める駐車場が有料か無料でもそこでお土産品を買わなくてはなら無いと言うルールが・・・ なぜ今日は? 平日なのでますの家さんの前の県営のトイレの駐車場(ここは一部無料)が空いてるだろうとの考えの元に、やっぱり空いてました(^^)ラッキー 良く見る水車小屋と富士山の写真は撮りませんでしたが、湧き水がキレイだったので水面だけ撮影して来ました!

_MG_6041

忍野八海 涌池

涌池の水面に木々のシルエットが写りこんでキレイ! こんな水で仕込んでいるから蕎麦も美味しいのかな?

_MG_6036

忍野八海 涌池

涌池から流れ出た湧水が流れ出た忍野川の水面、水草が透けて緑色に見える

_MG_6078

忍野八海 桂川の支流 忍野川

忍野八海の近くには有名な蕎麦やさんが、名前も忍野そば 何が有名って試食無料、試食と言っても普通の一人前の蕎麦が出てくる これにはびっくり お土産用に、蕎麦の生めんを買って帰らないと申し訳ないと言うのが、有名(^^)

【忍野八海って】

山梨県は忍野村に有る、富士山の雪解け水が地表に湧き出している所。その昔富士山信仰の霊場として使われていた所としても有名で、2013年に世界文化遺産の構成資産として、忍野村の八つの湧き池(出口池・お釜池・底抜池・銚子池・涌池・濁池・鏡池・菖蒲池)が登録されました。その中でも一番有名で、訪れる方が多いのが沸池です、涌池は一番の湧水量を持ち巨大な地底湖に通じてるとも言われており、テレビの撮影クルーが、行方不明となってしまった事でも有名です。 わら葺屋根の水車小屋と富士山が同時に撮影出来る、日本の原風景を感じさせる写真を撮影出来るのも忍野八海周辺です。

【周辺の観光スポット】

忍野と言えば蕎麦と思い浮かべる方も多いはず、確かに蕎麦屋さんも忍野八海周辺に多数有りますが、蕎麦の栽培も盛んで初夏には真っ白な蕎麦の花と富士山の写真が撮れる撮影ポントも忍野村です。忍野八海から車で20分ほど山中湖方面に行った所に、花の公園として人気の山中湖花の都公園が有ります。夏にはひまわりと富士山・秋にはコスモスと富士山などの写真が撮れるスポットしてカメラマンから愛されています。

釣りの好きな方は忍野と聞くと、フライフィッシングエリアねっと答える方も多い様です。忍野八海や山中湖を水源とする、一級河川の桂川の支流忍野川は、水の綺麗な川として豊富な水生昆虫が多数いる事でも有名で、水生昆虫を餌とするヤマメ・イワナ・ニジマスなどの淡水魚が多数遊泳している所が見れます。

_MG_8840

桜の忍野川と富士山(2014年春に撮影)

IMG_0172

忍野村のコブシの花(2010年春に撮影)

IMG_0160

忍野川の水面(2011年夏に撮影)

【撮影データ】

場所:山梨県南都留郡忍野村 忍野八海
日時:2014年12月03日14:30~15:00
使用カメラ:Canon EOS 7D
レンズ:EF-S15-85mm f3.5-5.6 IS USM
カメラ買取のヴィクトリー
カメラ買取案内  カメラ買取価格  レンズ買取価格  ストロボ買取価格  無料見積  買取依頼